About

参加の呼びかけ
〜 北海道に巨大な村が出現します 〜

G8サミットを問う連絡会 コンバージェンスセンター・キャンプワーキンググループ

◆ 何をするの?
今年7月、北海道洞爺湖ではG8サミットが開催されます。世界各国からは、数千もの人びとが北海道に結集し、対抗アクションにとりくむことになるでしょ う。わたしたちコンバージェンスセンター・キャンプワーキンググループは、そんな人たちが群れ集まる巨大な村を作りあげることをめざします。

◆ コンバージェンスセンター
コンバージェンスセンターとは、対抗アクションに関わるさまざまな情報を集積し、すべての人に提供するインフォポイント、プラカードやバナーを作成する ための工房と資材、書類を作成するための簡易印刷機、待ち合わせのための休憩所やミーティングルーム等を備えた施設です。インフォポイントの一画にはイン ターネット通信環境を整備し、すべての利用者に開放します。これは、土地に不慣れな人びとを受け入れ、見知らぬもの同士が出会い共同作業をすすめるため の、大切な窓口になります。

◆ キャンプ=“オルタナティブ・ヴィレッジ”
キャンプ地には、国内外からやってきた数千の人たちが、テントをはって宿泊します。ここでは、共同炊事、コンサート、上映会、世界サッカー大会、ワークショップなどを企画します。
これは、ある日こつ然と現れる“オルタナティブ・ヴィレッジ”です。
現在、G8諸国が推し進める警察管理は、若者と外国人に対する取り締まりを強めています。グローバルに展開する管理社会に対して、“オルタナティブ・ ヴィレッジ”は、それとはまったく別の社会をつくりだす試みです。政府がおしつけるモラルとは違った、別のモラル。企業が蔓延させた「自己責任論」ではな い、まったく別の責任意識。警察が要求する秩序ではない、別の秩序。これは、新自由主義の精神的根拠である「万人の万人に対する戦争」という妄想を覆し、 自治の力を具体的に表現していく試みです。この試みは、“オルタナティブ”という合い言葉に、豊かな内容と確信を与えるでしょう。

◆ 目的とするのは?
コンバージェンスセンターとキャンプの目的は、情報や宿泊のインフラを整備することだけではありません。これは、いま新自由主義が投げ捨てようとしてい る友愛、平等、相互扶助の空間をつくりあげることです。この空間は、さまざまな人々の着想や表現や働きを引き出し、共に何かをつくりだしていくための、大 きな土台になるのです。わたしたちは自由で解放的な空間を打ち立てることを大きな目的としています。

◆ ご参加ください
現在、上記のようなコンバージェンスセンター、キャンプ作りに参加してくださる方々を大募集しています。ご関心をお寄せのみなさまは、ぜひ以下のメールアドレスまでご連絡ください。

連絡先:

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。